幼稚園の子どもが習うスイミングにどんなメリットがあるか

普通ではいけない

コース様々

水慣れするなどのスイミングスクールのコースから幼児のスイミングが始まり、先に、泳ぐことを好きになってもらうためのレッスンです。
水を好きになる遊びのようなところからです。
水中でおもちゃなどで遊んで慣れたり、水中歩行等をします。
ゆっくりと子どもに合わせて楽しみ遊ぶレッスンです。
徐々に水に慣れてきたら水泳に移っていくコースに。
ゲーム的な要素のある動きなどを加えて、少しずつ水泳の基本に進みます。
水に顔をつけたり、バタ足をしたり、水に慣れて泳ぐ動作を身につけます。
水中のおもちゃを探す動作や、水中を全員で歩くなどして水の流れを作ったり、水中に飛び込むなど楽しくて仕方なくなるでしょう。
水泳を学べるコースになると、水中の呼吸法を学び、水に浮くことや進むことなどの基本的な動作を習得します。

泳ぎが護身術

段階に沿って、水泳種目のクロールや平泳ぎなどを学びます。
背泳ぎやバタフライまで様々な泳ぎ方を習得できることも特技になります。
美しいスイミングフォームで泳げることも羨望の的です。
スイミングスクールにおいて、バランスのとれた身体能力を磨けます。
水中の浮力を使い、関節や骨に負担なく全身運動をすることの効果は、子どもにはバランス良く筋力と体力作りができ好ましいです。
幼稚園の園児の成長が著しい子どもには、最適なスイミングスクールのレッスンです。
レッスンを続けると基礎体力がつき、身体が丈夫になるのは良いことです。
成長に伴って子どもの水による事故も少なくありませんが、緊急事態にも、泳ぐ能力で命を守る護身術でもあります。


この記事をシェアする